サラリーマンの私が実践している節税方法のサイトへようこそ

このサイトではサラリーマンの私が実践している節税方法を紹介します。

サラリーマンでも確定申告をする方法で、節税ができます。わたしは昨年度この節税方法を実践することで、約24万円の還付金(税金が戻って来ることですね)を受けることができました。

「確定申告って面倒臭そう」とおっしゃる方もいるかと思いますが、実際にやってみるとそうでもありません。

確かにコツコツと領主書を記載しなければなりませんが、最近はwebで簡単に入力できるアプリもありますから、出先のちょっと空いた時間とかに入力すれば、確定申告で必要な情報がひととおりできるものもあります。

それに国税局のEーTAXという確定申告ソフトを使えば、必要な書類までひととおりできてしまいます。確定申告の入力だけであれば、3時間もすればできてしまいます。

このような方法で20万円あまりも税金が戻って来るのであれば、やらないのはもったいないと思いませんか?

このサイトではサラリーマンの私が実践して約24万円の税金が戻ってきた方法を紹介していきますので、ブックマークなどに登録して頂けると便利かと思います。

ふるさと納税で節税

納税版の株主優待とも言われる「ふるさと納税」は、サラリーマンやOLも利用できる節税方法です。個人の負担額2千円でその2~3倍のお米や野菜、果物、海産物、地酒、和牛などの特産品や、その地域の伝統工芸品や商業施設、宿泊施設の宿泊券などがもらえることもあります。

2008年度から始まったふるさと納税制度は、2011年の東日本大震災を機に寄附金が急増し、前年2010年の利用者の20倍以上、寄附金総額は約10倍以上の649億1490万円に跳ね上がりました。

画像の説明
会計ソフトの弥生会計はもっとも売れている会計ソフトです。このソフトをクラウドで使えるので、便利です。
詳しくはこちら⇒クリック